葬儀は故人の人生を締めくくる大切な儀式。できるだけ出席できるようにしたいものですが、どうしても無理な場合

名刺などがあれば持たせて代理人に参列してもらうか、後日お悔やみ状を添えて現金書留で送るようにします。

先方も準備などに追われているはずですから、電話でのお悔やみはなるべく避けたほうが無難でしょう。

後日に弔問するつもりなら、遺骨が自宅に安置されている可能性が高い四十九日前までに伺いましょう。

個人に対する哀悼の気持ちを誠実に伝えたいものですね。