故人の死への気持ちをお伝えするお悔やみの言葉にはマナーがあります。失礼にならぬよう、避けたい言葉など、しっかり覚えておきたいものですね。

故人との親交が深かった場合は特にいろいろ伝えたくなるかもしれませんが、ご遺族の負担を増やさぬよう配慮しましょう。

一般的なお悔やみの言葉として「このたびは誠にご愁傷さまです、心からお悔やみ申し上げます」と伝えます。

愛するご家族の死に際し、ご遺族は深い悲しみを感じていらっしゃいます、お悔やみは気持ちをこめながら、短めに伝えるようにしましょう。