近頃では、亡くなった当日は「仮通夜」と称して家族だけで死者を見守り、葬儀・告別式の前日を「本通夜」とするケースも多く見られます。

通夜の弔問客が告別式の参列者より多くなる傾向があるため、告別式並みに営まれることも多くなってきました。

かつての通夜の飾りつけは、棺の前に枕飾りを置く程度でしたが、近頃では告別式と同じように祭壇を飾ることが一般的になっています。